デリケートゾーンのケア
2017年03月09日更新 2017年02月01日公開

デリケートゾーンを清潔に保つための「ビデ」とその使い方

デリケートゾーンは、ケアをおこたるとニオイや不衛生な状態が続き、病気を誘発することもあります。今回は、デリケートゾーンのケアに便利な「ビデ」について、その歴史や正しい使い方などをドクター監修の記事で解説いたします。

生理やおりものなどによって清潔を保ちにくいデリケートゾーンは、しっかりケアをしないと気になるニオイの原因になったり、病気を引き起こしたりする可能性があります。そのため、いつでも清潔にしていたいと思う女性も多いものです。そのようなときに便利なのが「ビデ」です。しかし、使い方を間違えるとかえって病気の原因を作ることにもなるので注意が必要です。今回は、ビデの歴史やその役割、正しい使い方などを詳しく解説していきますので、この機会に正しくビデを使いこなせるよう、きちんと理解しましょう。

昔の人も陰部を清潔に保っていた

近年は洋式トイレが普及し、そのほとんどが温水洗浄便座となっています。そのことから、ビデが誕生したのは最近だろうと想像される方もいるかもしれませんが、ビデの歴史は意外と古く、私たちが知るような形のビデは18世紀ごろから存在していたという説があります。今の女性と同じように、昔の女性もデリケートゾーンを清潔に保ちたいという意識が高かったのかもしれません。

ビデの役割とその効果

女性のデリケートゾーンの中でも膣は、正常であれば一定の周期でやってくる生理に加え、それ以外の期間にもおりものといった分泌物がある場所です。膣自体は体の内部に位置するので、雑菌などをはじめとする汚れがたまりやすく、清潔を保ちにくいところでもあります。そのため、女性はニオイが気になったり炎症を起こしたりといったトラブルにも悩まされることがあるのです。

このようなトラブルや悩みを少しでも軽くするため、今では多くの洋式トイレに取り付けられている温水洗浄便座の「ビデ」が開発されました。これにより、女性器周辺のケアが手軽にでき、いつでも清潔な状態を保てるようになったのです。

温水洗浄便座についているビデは、外陰部をきれいにするのに有効的とされています。膣内の洗浄用ではないので、使用の際はこの点をしっかりと理解しておきましょう。膣内を洗浄したいのであれば、携帯用の膣内洗浄ビデを使用するようにしてください。

ビデの正しい使い方

ビデは、膣内を洗浄するためではなく、女性器の外側を清潔に保つために使用するものです。ここでは、間違った使い方をして病気などを誘発しないためにも、正しいビデの使い方をご紹介します。

  1. ビデを使う前に排尿した場合は、先に陰部をトイレットペーパーで軽く拭き取りましょう。
  2. 外陰部にビデで温水を当て、きれいに洗います。(弱めの水圧で、10秒ほどかけてやさしく流しましょう)
  3. その後、先に軽くトイレットペーパーで押さえ拭きします。温風を使用するのもよいですが、その場合も、まずはトイレットペーパーで押さえ拭きしてからにしましょう。

病気を引き起こす?間違った使い方

ビデは、正しく使えばデリケートゾーンを清潔にして不快さを軽減してくれるものですが、使い方を誤ると、病気を引き起こしてしまう可能性があります。以下のような使い方はしないように気をつけましょう。

排尿後、そのままビデを使用

排尿後は、尿に含まれていた菌などが外陰部周辺に付着している可能性があります。排尿後にそのままビデを使用してしまうことで、尿道などにその菌を押し込む可能性があり、それによって尿路感染症などを誘発してしまうことがあります。必ずトイレットペーパーで軽く陰部を拭きとってから使用するようにしましょう。

水圧を強くして洗い流す

ビデの水圧を強めにして、勢いで洗い流すという方がいるようですが、それもおすすめできません。女性器やその周辺は、とても繊細な部分です。水圧は弱めに設定し、勢いで洗い流すというよりは、やさしく当てるイメージで使用するとよいでしょう。

時間をかける

しっかりと洗い流したいということから、長時間ビデを使用している方もいるでしょう。しかし、長時間あてると、雑菌の侵入を防いでくれる大切な粘液をも洗い流してしまうことになります。理想的な時間は、10秒くらいです。これを目安にして、当て過ぎず、やさしい水圧で洗浄しましょう。

膣へ直接当てる

温水洗浄便座のビデは、あくまでも女性器外側の周辺を清潔にするためのものです。つまり、膣内を洗浄する機能はありません。膣に勢いよくビデを当ててしまうと雑菌などが尿道内に侵入し、それが原因で尿路感染症や膀胱炎といった病気を引き起こしてしまうおそれがあります。使用の際は膣の外側を洗うことを意識し、直接膣へ当たらないように注意しましょう。

これは便利!携帯用ビデ

多くの女性が経験する、生理の終わりかけの「なんとなく気持ち悪い」という感じを解決するのにおすすめなのが、携帯用の膣洗浄ビデです。この携帯用の膣洗浄ビデは、生理が終わりかけのころの膣内に残った経血などの残留物を洗い流したり、おりもののケアをしたりするのに有効です。衛生面が気になる場所への旅行にも役立ちます。

携帯用の膣洗浄ビデに使用されている水は精製水です。付加価値として、Ag(銀)配合のものや制菌作用があるものがあります。ノズルの形もメーカーによって異なるので、自分に合うものを探してみましょう。

また、膣を洗いすぎると膣内の善玉菌が少なくなってしまい、かえって炎症などを起こしやすくなってしまう可能性もあります。使い過ぎには注意しましょう。

「デリケートゾーンのケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play