産後のトラブル
2017年03月08日更新 2016年12月09日公開

髪の毛の質に変化が?産後に髪質が変化する原因とは

産後に髪質が変化する悩みを抱える人は多いようです。髪質の変化には、産後の生活スタイルやホルモンバランスの変化が関わっているとされています。ここでは、産後に髪質が変化する原因や対処方法を、ドクター監修のもと解説します。

出産をすると身体にさまざまな変化が現れます。特に髪の毛の質に変化が起きたと感じる人は意外と多いようです。今回は、産後に髪質が変化する原因とケア方法について見てみましょう。

産後に起こる髪質の変化

産後に起こる髪質の変化には、大きな個人差があるようです。産後に多い髪の毛の悩みとしては以下の項目があげられます。

・髪の毛が抜けやすくなる

・髪のツヤがなくなり、パサつきを感じるようになる

・髪の毛1本1本にコシがなくなり、細くなる

・直毛だった髪の毛にうねりがうまれ、パーマをかけたようなクセ毛になる

髪質が変化する原因

産後に髪質が変化する原因は、出産を終えた女性のホルモンバランスが大きく変化することと考えられます。また新生児が生まれると以前のライフサイクルとは全く違った生活が始まります。産後は産前とは違う状況が意外と多くあり、それらが原因のひとつとなっている場合があります。

ホルモンバランスの変化

産後に髪質が変化する原因として、ホルモンバランスの変化があげられます。女性の体は妊娠から出産を経て、ホルモンバランスが目まぐるしく変わっていきます。妊娠中には髪の毛を育てる成分のひとつである女性ホルモンのエストロゲンが増加する傾向がありますが、出産するとエストロゲンは一気に減少します。このため、抜けないで残っていた髪の毛が、一時的に大量に抜け落ちるという現象が起こります。ホルモンバランスの変化による抜け毛は産後の一時的なものとされているため、それほど心配する必要はありません。

授乳による栄養不足

産後は、授乳により母親の身体からたくさんの栄養が新生児に与えられます。そのため、母親の身体は栄養不足になりがちです。髪の毛の元となるタンパク質をはじめ、育毛には欠かすことのできないミネラルやビタミン類も、授乳により不足しがちになるといわれています。

ライフサイクルの変化によるストレス

健康な髪の毛を育てるには、ストレスと睡眠不足は大敵だといわれています。産後の生活スタイルは、出産をする前に比べて大きく変化します。生まれたばかりの新生児は体内時計が整っていないため、1日のうちに何度も寝て起きてをくり返します。そのため母親も生活リズムが乱れがちで、十分な睡眠を取ることができない日々が続きます。また、初めての育児やライフサイクルの変化によってストレスを感じやすい時期でもあります。そのため、抜け毛が起こったり髪が弱くなるなどのトラブルに見舞われやすくなると考えられます。

ヘアケアをする時間がなくなる

産後は、新生児の世話に追われ、自分自身の時間をつくることがむずかしくなります。そのため、出産前はしっかりと行っていたヘアケアも、産後には手が回らなくなる人が多いようです。新生児が眠っている間にお風呂をすませなければならないため、しっかりと洗髪したり、髪の毛を乾かしたりすることもおろそかになりがちです。毎日のヘアケアを怠ることで、産前のように質のいい髪の毛を維持しにくくなります。

産後の正しいヘアケア方法

産後は育児に追われて忙しい時期ではありますが、すこやかな髪の毛を少しでも早く取り戻すために有効な方法を紹介します。

栄養補給を心がける

健康的な髪の毛を育てるには、髪の毛の元となる質のいいタンパク質やミネラル、ビタミンを食べるように心がけましょう。大豆製品や乳製品はもちろん、バランスのとれた食事をするだけでも効果があるといわれています。

生活スタイルを整える

育児をしながらではなかなか難しいとは思いますが、生活スタイルを整えて自分の時間を確保するように心がけましょう。特に、まとまった睡眠をとることは育毛に不可欠です。新生児と一緒に眠るなどして睡眠をしっかりとりましょう。

ストレスを解消する

思いどおりにいかない育児には、ストレスがつきものです。ストレスを抱えこむと健康な髪の毛も育ちにくくなります。一人で抱えこまずに、身近な人に相談したり自分なりの解消方法を見つけましょう。

「産後のトラブル」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play