妊娠線
2017年04月24日更新 2016年12月09日公開

産後の妊娠線や肉割れのケアには保湿クリームを

妊娠や出産によって起こる身体の変化に悩んでいる女性は多くいます。産後の皮膚のたるみや妊娠線、肉割れができてしまった場合のクリームを使ったケア方法や注意点などをドクター監修の記事で解説します。

女性は、妊娠・出産を機にさまざまな身体の変化が起こります。肌の変化やトラブルに悩まされることも少なくありません。特に、産後のお腹や肌のたるみや妊娠線、肉割れができてしまったときはショックを受けてしまうかもしれません。ここでは、肌のトラブルとケア方法を見てみましょう。

産後に起こりやすい肌トラブル

産後に起こりやすい肌トラブルとして、肌荒れや皮膚のたるみ、妊娠線などがあります。

肌荒れ

妊娠すると女性ホルモンの分泌量は増えますが、出産を終えると急激に減ります。そういったホルモンバランスの変化によって肌の状態も不安定になってしまいます。不安定な状態の肌は、乾燥しやすく、外からの刺激にも敏感に反応してかぶれてしまったり、赤みがでてしまったりすることも考えられます。

また、産後は慣れない育児に奮闘することも多くあるでしょう。夜中に何度も目を覚まして睡眠時間がまとめてとれずに、身体も疲れてしまうこともあるかもしれません。そういった疲労が肌に現れることもあります。

出産後の皮膚のたるみや妊娠線

妊娠中には体重が増加し、身体のラインも変わります。お腹が膨らむだけでなく、お尻や太ももにも脂肪がつきます。なかには、急激な体重の増加によって妊娠線や肉割れができてしまう人もいます。

妊娠中には、胎児の成長に合わせて子宮が広がり、それに合わせて骨盤も開き、お腹の皮膚や皮も伸びてお腹が膨らんでいきます。皮膚の表皮の部分は柔軟に伸びることができるのですが、真皮や皮下組織は線維状になっているため、急激な膨らみに対応が追い付かずに亀裂が生じてしまう場合があります。これが妊娠の際にできる妊娠線や急激に太った時にできることのある肉割れです。最初は赤い傷のようにみえるのですが、だんだんと白っぽくなっていきます。

また、出産後は、大きくなったお腹の伸びた皮膚のたるみが気になってしまうという女性も多くいます。

産後の肌のケア方法

産後の肌トラブルは、それぞれの状態に合わせたケアが必要となります。

産後の肌荒れのケア

産後はホルモンバランスの乱れによって肌が不安定な状態になりやすいため、今まで使っていた化粧品が合わなくなってしまうということもあります。その場合は、なるべく肌に刺激の少ない敏感肌用の化粧品を使ってケアをしてください。不安定な肌の状態は、外からの刺激にも敏感になってしまいますので、化粧水で肌を潤した後には保湿クリームで念入りに保湿をすることがおすすめです。

また、ホルモンバランスは、通常は産後しばらくすると徐々に正常な状態に整っていきますので、焦らずに落ち着くのを待つことも大切です。

産後の皮膚のたるみのケア

出産後の身体は、6〜8週間ほどの時間をかけて妊娠前の身体に戻っていきます。この期間のことを産褥期と言います。妊娠や出産に合わせて変化した身体はすぐに戻るわけではないので、焦らずに、身体の変化に合わせて、エクササイズやマッサージを取り入れましょう。

産後の肉割れを専用クリームでケア

産後の妊娠線や肉割れには早い段階からケアをすることが大切です。

肉割れは急激に皮膚が伸びることで、皮膚の真皮のコラーゲンが断裂してしまい、傷のようにみえるもののことを言います。妊娠の際にできるものを妊娠線と呼ぶこともあり、これらは、1度できてしまうとなかなかなにもなかった肌の状態に戻すことは難しいと言えます。通常の傷であれば、肌のターンオーバーによってだんだんと薄くなっていくのですが、肉割れは真皮や皮下組織で起こっているため、ターンオーバーで改善できないために悩む女性も多いでしょう。しかし、諦めてそのまま放置しておくと、皮膚の乾燥によって余計に目立ってしまうこともありますので、早めにケアをしてください。

ケアの方法としては、まず乾燥を防ぐことが大切です。しっかり保湿して肌を潤し、皮膚を柔らかく保つことで、それ以上にひどくならないように予防することができます。

また、肉割れ専用のクリームというものもあります。こういった商品には、最近では、海外で妊娠線の予防に効果的だとして注目されているシラノール誘導体が含まれているものもあります。シラノール誘導体には、肉割れの予防に効果が期待できるとはいわれていますが、できてしまった肉割れを消すという効果があるというわけではありません。

しかし、産後、妊娠線や肉割れに気付いたら早い段階からなるべくこまめにクリームを塗って保湿をし、マッサージをすることで肌の乾燥を防ぎ、肌の調子をいい状態に保つことはできます。肌の調子がよくなることで、肉割れが薄くみえることは期待ができるかもしれません。

妊娠線や肉割れには予防を

できてしまった妊娠線や肉割れは改善することが難しいため、何より予防が大切です。特に乾燥しやすい肌の人は妊娠線や肉割れができやすいといわれています。妊娠する前から乾燥対策をし、全身をクリームやオイルを使って保湿することを習慣にしておくといいでしょう。

「妊娠線」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play