産後のスキンケア
2017年07月11日更新 2016年12月09日公開

産後の肌トラブルの原因とスキンケアのポイント

産後の肌は、ホルモンバランスの変化に加え、赤ちゃんのお世話などによる生活環境の変化で影響を受けることがあります。ここでは、そのような産後の肌質やスキンケアのポイントをドクター監修の記事で解説していきます。

監修医師

この記事の監修者
 ココロマチ参画ドクター 先生

産後は、さまざまな要因から肌質も変化しやすい時期でもあるのに、赤ちゃんのお世話に追われて自分のスキンケアを後回しにする方も少なくありません。そこで、産後の身体の変化が肌に与える影響や時間がない方でもできるスキンケアのポイントをご紹介いたします。

肌トラブルが起こる原因

産後、多くの女性に肌トラブルがみられるのは、妊娠中にたくさん分泌されていたホルモンが減少することが関係しているといわれています。

エストロゲンの減少

女性の肌を美しく保つのに必要とされている女性ホルモン「エストロゲン」には、「美肌ホルモン」という別名があります。このホルモンは、肌を老化させる原因のひとつである活性酸素を取り除いてくれたり、弾力のある肌を保つためにコラーゲンを維持してくれたりと、美肌を保つために有効的に作用するといわれています。妊娠中は、エストロゲンがたくさん分泌されていますが、出産後はその分泌が一気に減少してしまいます。そのため、肌の状態を不安定にしてしまう性質がある、もうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン」の割合を増やしてしまい、産後の肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

バリア機能の低下

健康な肌は、うるおいのある肌を保つために必要な水分を保つ「バリア機能」が備わっており、外部の刺激から肌を守ってくれます。しかし、産後はこの機能が低下してしまうことが多く、肌も乾燥しやすかったり、刺激に敏感になったりするため、肌荒れなどを引き起こしやすくなるといわれています。

産後の身体の変化が肌に影響する

産後は、身体の内側の変化だけでなく、生活環境も肌に大きな影響を与えることがあります。

生活環境の変化

・授乳やおむつ替え、夜泣きなどが頻回で睡眠不足

・育児や家事に追われて、自分への時間や余裕がない

・ゆっくりお風呂に入ることがなくなった

・ゆっくりと食事をする機会が減った

これらの生活の変化を出産前に理解して覚悟していたとしても、授乳やおむつ替えなどが想像以上に忙しく、自分のための時間を確保するのが難しいと実感される方も少なくないでしょう。

産後の生活環境の変化による肌への影響

妊娠前は健康的な肌で肌トラブルも特に抱えていなかった方でも、出産後にホルモンバランスの乱れや肌のバリア機能が低下することで、肌の悩みが出てくることがあります。産後によくみられる肌のトラブルをみてみましょう。

・これまで使用していた化粧品が合わなくなった

・乾燥しやすくなり、肌荒れが目立つようになった

・肌にハリがなくなった

・シミが濃くなり、増えた

・ちょっとした刺激にも敏感になった

このように、産後は肌質が大きく変化してしまうため、これまで使用してきた化粧品やコスメが肌に合わなくなって使えなくなることがあります。もし、かゆみやヒリヒリとした痛みなどの違和感があれば、ただちに使用を中止しましょう。

産後スキンケアのポイントは「要領よく」

産後は肌質が変化するため、丁寧なスキンケアが必要な時期ですが、そのための時間を確保するのが難しいという方も多いでしょう。そのような方は、要領よくスキンケアするのがポイントです。ここでは、時間や余裕がない方でも、産後にしっかりとスキンケアできる方法をご紹介します。

オールインワン化粧品を活用

化粧水や乳液、美容液といった丁寧なスキンケアが難しい産後は、1つで何役もこなしてくれるオールインワン化粧品を利用してみるのもひとつの方法です。これなら時間も手間もかけずに、手軽にケアできるため、産後のスキンケアに有効的といえます。

部屋の湿度を保つ

乾燥しやすい時期はもちろん、エアコンなどが効いた部屋の空気は乾燥しやすいです。加湿をして、乾燥から肌をしっかりと守りましょう。寒い季節であれば、湿度を保つことで風邪などの予防にもつながり、赤ちゃんの健康管理のためにも効果的と言えます。

食事や睡眠をしっかりととる

肌は、食べ物から摂取する栄養も関係してきます。バランスのよい食事をすることで、身体の中からスキンケアできます。特に、美白効果があるとされるビタミンや、きれいで健康的な肌を保つのに欠かせないといわれているミネラルは、積極的に摂取するとよいでしょう。

また、睡眠不足になると肌荒れなどのトラブルを引き起こすことがあります。赤ちゃんが静かに寝ているときに一緒に横になるなど、昼夜を問わず、少しでも自分が休む時間を作るよう心がけてください。

最低限のスキンケアは大切

肌トラブルは、うるおい不足から誘発されることが多いとされています。保湿を欠かすことなく行うことで予防にもつながるといわれていますので、どうしても自分のことを後回しにしてしまう産後でも、最低限のスキンケアとして保湿は必ず行いましょう。

産後のホルモンバランスの変化によって乾燥が気になる方は、保湿効果が高いとされるセラミドなどの成分が配合された化粧品を利用するのもひとつの方法です。軽くマッサージをして血液の巡りを促すことで、うるおいを保つだけでなく、肌のターンオーバーを促進し、早く元の状態に戻す効果も期待できます。

「産後のスキンケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play