産後のスキンケア
2017年04月24日更新 2016年12月09日公開

産後は肌の黒ずみができやすい!正しいケア方法とは

妊娠・出産をすると、体にさまざまな異変が起きます。そのひとつが黒ずみです。シミやソバカスが増え、乳輪やデリケートゾーンに黒ずみができます。産後の黒ずみの原因と正しいケアの方法をドクター監修のもとご紹介します。

妊娠や出産をしたあとは、スキンケアの見直しが重要だといわれています。産後は、肌の状態が妊娠前後で大きく変わっているので、ニキビや肌荒れ、黒ずみなどができやすいのです。乳輪やデリケートゾーンに黒ずみができやすく、シミやソバカスが増えることも知られています。そもそも、原因はどのようなものなのでしょうか。

妊娠前後で変わる肌の状態

妊娠・出産したあとは、ホルモンのバランスが乱れます。妊娠に向けて女性ホルモンと呼ばれるホルモンが増加し、産後も乱れた状態が続きます。女性ホルモンの中のプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増加することで知られています。

産後はエストロゲンが減る

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、コラーゲンやエラスチンという美肌に必要な2つの成分を維持するホルモンです。肌のハリ・ツヤを維持するのに必要なホルモンで、活性酸素の動きを抑制することができるので、美肌ホルモンと呼ばれているのです。

そのようなエストロゲンは、妊娠・出産時に急激に増加します。そして、産後に急激に減少してしまうのです。そのため、肌のバリア機能が著しく低下してしまうので、外部からの刺激を大きく受けてしまうのです。そのため、肌荒れやニキビなどができやすく、紫外線の影響を受ければすぐにシミやソバカスになってしまいます。色素沈着も起きやすくなるので、デリケートゾーンや乳輪、ワキが黒ずみやすくなるのです。

妊娠中にプロゲステロンが増える

女性ホルモンの中に含まれるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、胎盤を形成させたり、子宮筋に働きかけたりと妊娠や出産時に重要な役割を果たします。このプロゲステロンですが、メラニンを生成するメラノサイトと呼ばれる部分を活性化させてしまうため、シミやソバカスができやすくなるのです。産後はプロゲステロンが急激に減少するため、メラノサイトは活性化しないのでシミやソバカス自体はできにくくなります。しかし、妊娠中に多量に生成されたメラニンによってシミが増えることが確認されます。これらのホルモンの分泌量が元に戻るには、半年ほどかかるといわれています。

産後に黒ずみやすい場所

黒ずみが起こりやすい場所は、デリケートゾーン、乳首、ワキの3か所です。この3か所は、もともとメラニン色素が多くある場所なので、ホルモンバランスの影響でメラニンが増えてしまい、黒ずみやすくなるのです。他にも、「正中線」と呼ばれる、おへそから上下に黒い線が出る人がいます。これもプロゲステロンの増加によってメラニンが増加することによってつくられます。

黒ずみの正しいケア方法

産後はホルモンバランスが乱れてしまうので、多くの人が黒ずみに悩まされるといえます。正しいケアの方法を行うことで、黒ずみが改善することがあるので参考にしてみてください。

シミ・ソバカスのケア

(1)美容液・美容クリームで美白ケア

美白効果のある美容液や美容クリームを肌に塗布するようにしましょう。ただし、産後の肌は肌荒れを起こしやすいデリケートな状態なので、肌に優しく、低刺激なものを選ぶようにしましょう。おすすめの成分は、油溶性甘草エキス、カモミラETです。

(2)美白効果のある食事に気をつける

美白効果があるとされている成分は、ビタミンCやビタミンAが有名です。ビタミンCは、メラニンの沈着を抑制することができるといわれています。ビタミンAは、新陳代謝を促すためすでにできているシミやソバカスに効果があるとされています。この2つの成分を摂取することで、シミ・ソバカスケアに効果が期待できます。ビタミンCは、みかんや赤パプリカ、ブロッコリーなどに多く含まれます。ビタミンAは鶏のレバーに多く含まれます。

(3)日焼け対策を行う

シミやソバカスをこれ以上増やさないように、日焼け止めや帽子など日焼け対策を行いましょう。冬場でも油断せずに日焼け対策することが大切です。

黒ずみができやすい部分のケア

(1)刺激を与えない

刺激を受けるとメラニンができやすくなるので、体を洗う時に刺激を与えないように手で洗うように心がけることが大切です。また、かゆみが出た時もできるだけ擦らないようにしましょう。

(2)美容クリームなどで対策を

黒ずみが気になる人は、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、トレチノイン酸、ルミキシルペプチドなどの美白成分が含まれた美容クリームを塗ることで、黒ずみを薄くすることができるのです。また、黒ずみ専用のピーリングジェルなどを使うことで、効果を早めることができます。クリームなどは刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

気になる人は美容皮膚科の受診を

市販のクリームでは、効果が出るまでに時間がかかります。美容皮膚科を受診することで、より効果的な外用薬が処方されたり、レーザー治療を受けたりできます。

「産後のスキンケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play