産後のスキンケア
2017年04月20日更新 2016年12月09日公開

肌荒れを起こしやすい産後の肌にはどのような化粧品がいい?

産後はホルモンバランスが乱れているので、肌荒れを起こしやすい状態です。そのようなデリケートな肌に使える化粧品とはどのようなものなのでしょうか?肌トラブルを起こさない正しい化粧品の選び方をドクター監修のもとご紹介します。

産後は、シミやソバカスが増えたり、黒ずみができたり、肌荒れを起こしやすくなるといわれています。妊娠・出産時に女性ホルモンが乱れるため、肌のバランスが崩れてしまうからです。そのような肌荒れを起こしやすいデリケートな産後の肌は、どのような状況なのでしょうか。

産後に起こしやすい肌トラブル

産後はホルモンバランスが乱れることに加え、生活リズムも大きく異なります。睡眠不足やストレスなど、肌トラブルを起こしやすい原因が多くなるため肌はとても不安定です。

乾燥しやすくなる

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、美肌ホルモンと呼ばれていて、肌の水分量や、コラーゲン・エラスチンという成分に大きく関わるものです。このエストロゲンは、妊娠・出産時に急激に増えるのですが、産後に著しく低下します。そのため、産後の肌は乾燥しやすく、ハリやツヤも失われがちです。

シミやソバカスが増える

女性ホルモンのプロゲステロンは、シミやソバカスの原因となるメラニンを生成するメラノサイトの働きを活性化させます。妊娠前は、紫外線を少し浴びても日常のスキンケアでケアできたものが、プロゲステロンが増加していることによってすぐにメラニンが生成されてしまうので、シミやソバカスが増加したり、シミが濃くなったりします。

肌荒れしやすくなる

産後の肌は、乾燥しやすかったり、メラニンが多くなったりと肌のバリア機能が著しく低下している状態です。さらに、寝不足や生活リズムの変化によるストレスによって肌トラブルを抱えやすい状態になっているのです。少しの刺激でもすぐに肌荒れを起こしてしまうため、妊娠前のスキンケア用品や化粧品が使えなくなるということはよくあることです。

産後の化粧品の選び方

妊娠前に使っていたスキンケア用品や化粧品は、産後には使うことができないと考えておくと安心です。オーガニックだとうたっていても、疑うのが肌荒れを起こさない基本です。産後の化粧品は、保存料・添加物が入っていないものを使うようにしましょう。敏感肌用やアトピーの人でも使えるというものだと使える可能性が高いです。肌に使う前に、二の腕などでパッチテストを行ってから購入することで失敗を少なくすることができます。使用しているときに、肌がピリピリとしたり、かゆみが生じたり、つっぱったりと違和感を覚えたときはそのスキンケア用品や化粧品はすぐに使用を中止してください。

また、忙しいときには化粧品を使わないでもよいと思いますが、保湿ケアと紫外線ケアはしっかりと行うようにしましょう。乾燥している肌は肌バリアが低下してしまうため、少しの刺激でも肌トラブルになりやすいです。紫外線も肌には大きな刺激になるので、季節にかかわらず、日焼けクリームや帽子などのケアを行うようにしましょう。

忙しい産後の肌ケアを行う方法

産後は赤ちゃんに時間が取られてしまい、自分のケアは後回しになることが多いです。そのため、肌トラブルが起きてもケアができないことが多いです。日常生活から気をつけることで肌トラブルを未然に防ぐことができます。

部屋の湿度を高めに設定する

部屋の湿度が低いと、肌の水分を奪っていきます。また、赤ちゃんの風邪の予防にもなるため、部屋の湿度は高めになるように加湿器などを使用するようにしましょう。湿度が高い場所であれば、肌を乾燥から守ることになります。

肌によいものを食べる

産後は、美肌効果や美白効果のある食事を積極的に摂るようにしましょう。ビタミンCやビタミンAやミネラルなどは美肌に効果があるとされていますので積極的に食べるようにしましょう。産後は、母体の回復・授乳などで栄養が多く使われてしまうため、高栄養の食事にするようにしましょう。

睡眠不足は肌トラブルの原因になるので、赤ちゃんと一緒にできるだけ睡眠をとるようにすることも大切です。

オールインワン化粧品

産後は赤ちゃんに時間を使われてしまうので、自分に時間をかけられません。本来であれば、化粧水・美容液・乳液・美容クリームなど丁寧なスキンケアができればよいのですが、そこまで時間をかけられないお母さんにはオールインワン化粧品がおすすめです。オールインワン化粧品には、化粧水・乳液・美容液が含まれているため時間がなくても簡単にスキンケアを行えます。商品によっては、下地成分も含まれたオールインワン化粧品が販売しているので、メイクをする場合に重宝しそうです。

産後の肌には、とにかく保湿が大切です。保湿を行うことで、肌バリアの回復や、ターンオーバーなども正常に働きます。そのためシミやソバカスなどを薄くするためにも保湿は重要です。保湿を行うときは、保湿効果の高いセラミドなどの成分が含まれているものを使うようにしましょう。

「産後のスキンケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play