スキンケア
2017年04月24日更新 2016年12月09日公開

知っておきたい妊娠期の敏感肌、そのメカニズムと対策法

身体も心も出産に向け、刻々と変化する妊娠期。いつもの化粧品が合わない、荒れがひどくなり出したといった肌の変化もそのひとつです。妊娠すると刺激に反応しやすい敏感肌になる理由と対策について、ドクター監修の記事で解説します。

妊娠すると、これまでの化粧品が合わなくなるなど肌質の変化を感じる人もいます。肌が普段以上に敏感になり、肌トラブルに見舞われるケースが多いようです。敏感肌が引き起こすトラブルとその原因、対処法について解説します。

「敏感肌」とはどのような状態か

化粧品や洗剤に肌が触れたとき、肌の荒れや赤み、あるいはピリッとした感覚を覚えるなど、普通の人よりも外部の刺激に反応しやすい肌のことを「敏感肌」と表現しています。しかし、現在のところ、医学的な病名として認定されているわけではありません。

敏感肌の一因は妊娠中のホルモンバランス

妊娠すると、プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌量が増えます。逆に男性ホルモンの量が低下し、皮脂の分泌が抑えられます。このように普段とは全く違うホルモンバランスになってしまうので、肌が乾燥したり、ニキビや吹き出物が出やすくなったりしまうのです。また、女性ホルモンが増えてしまうことで、より黒ずみやシミができやすい状況にもなります。

妊娠中の敏感肌が引き起こすトラブル

ホルモンバランスが変化し、肌が敏感になると、肌が乾燥したり、シミができやすくなってしまったり、湿疹やあせもできやすくなったりと、さまざまなトラブルに見舞われます。

乾燥

肌が乾燥するとかゆみが強くなります。妊娠中期から後期にかけて、発疹などがないにもかかわらずチクチク、あるいはムズムズした強いかゆみがある場合は、「妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)」の可能性もあります。

シミ

妊娠中に女性ホルモンが増えると、メラニン色素をつくる細胞を刺激ししてしまうため、肌には色素が沈着しやすくなってしまいます。そしてその沈着した色素が、肌上でシミとなって表れてしまうこともあるのです。

湿疹、あせも

妊娠中は新陳代謝も活発になり、非常に汗をかきやすくなるのですが、その分汗が肌への刺激となって湿疹やあせもが出やすくなります。

低刺激と保湿が敏感肌の対策ポイント

出産後、ホルモンのバランスが落ち着いてくるにしたがって、肌のコンディションも元に戻ることが多いようです。色素沈着が原因となっているシミや黒ずみも、出産後数か月で自然に消えることがほとんどです。「ホルモンのバランスによる身体の変化は、妊娠中ならではのもの」ということを知っておくだけでも、気持ちに余裕を持つことができます。その点を頭に入れたうえで、敏感肌に対するケアに取り組んでください。

肌を清潔に保つ

妊娠中は新陳代謝が活発になり、汗をかきやすくなります。顔はもちろん、身体全体の汗や皮脂の汚れをしっかり取り、汗による肌トラブルを防ぎます。

低刺激性の化粧品を選ぶ

敏感肌になると、今まで使っていた化粧品が合わないと感じるようになります。以前は脂っぽい肌質だったという人でも、妊娠を期に乾燥するようになってしまうこともあります。刺激の少ないものや敏感肌用の化粧品に切り替えてみてください。

基本的な保湿ケアを怠らない

妊娠中は皮脂の分泌が減り、皮膚のバリア機能が低下しています。寒い季節は部屋を加湿したうえで、肌を保湿するように気をつけます。

体形の変化に合った下着を身につける

妊娠が進むにつれ、体形も変化していきます。きつい下着を身に着けていると、肌の下着に触れる部分に汗がたまるなどして、かゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性もあります。かゆい部分を掻いてしまうなどして、肌に傷をつけないよう気をつけてください。

妊娠性皮膚掻痒症について

敏感肌が引き起こすトラブルで、妊娠中期から後期にかけて見られるものに「妊娠性皮膚掻痒症」があります。発疹などができていないのにもかかわらず、強いかゆみがある場合はこの症状が疑われます。あまりのかゆさに掻きむしってしまうと、二次的に発疹や色素沈着などを引き起こしてしまうため、掻かないように注意が必要です。対策としては肌を乾燥させないことが大切なので、やはり基本的な保湿ケアを心がけましょう。出産後24時間以内に症状が治まることがほとんどですが、妊娠期特有の症状と片付けられない場合もあります。慢性腎不全や肝疾患、糖尿病といった病気が原因となるケースもあるからです。妊婦健診を受けるなかで、気になるようなら医師に相談してください。

かゆみが我慢できなければ医師に相談を

敏感肌が原因となるトラブルでいちばんやっかいなのは、我慢できないほどのかゆみに襲われたときでしょう。出産までの我慢だとわかっていても、イライラして引っ掻いてしまっては肌を傷つけ、そこからさらなるトラブルが発生します。また、そうした悪循環はストレスにもつながります。つらいときは、我慢をせずに受診しましょう。妊娠中は胎児への影響を考えて、処方できる薬は限られていますが、かゆみを抑える処置を受けることができます。

「スキンケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play