産後のスキンケア
2017年04月24日更新 2016年12月09日公開

産後のスキンケア、化粧水のおすすめ成分

妊娠出産以前と産後では、肌の状態は著しく変化しています。産後の肌には、特に丁寧なスキンケアが必要とされます。肌トラブルの原因とおすすめできる化粧水の成分について、ドクター監修の記事でお伝えします。

長期にわたる妊娠期間から出産を終えても、すぐに育児がスタートします。激務とも言える生活のなか、スキンケアもままならないというお母さんは多いでしょう。ですが、産後は肌のトラブルを訴える方も多いようです。妊娠、出産を通して女性の体には大きな変化が起こります。デリケートな産後の肌にこそスキンケアが重要といえるでしょう。今回は産後の肌の変化の原因と、おすすめできる化粧水の成分についてお伝えします。

原因はホルモンバランスの変化

妊娠中は大量に分泌されていた女性ホルモンも、出産後には激減します。そのため、妊娠から出産、そして産後にわたって、女性の体のなかでは大きなホルモンバランスがめまぐるしく変化することになります。また、子育てのために生活環境も激変してしまいますので、肌の状態はとても不安定になってしまいがちなのです。出産後には肌の質が変化して、いままで使っていた化粧品が合わなくなるということもあります。よくあらわれる症状と原因は以下のようなものです。

シミが濃くなる

妊娠中に増加したプロゲステロンという女性ホルモンの影響によって、シミの原因となるメラノサイトという色素細胞が活性化します。そのために肌にあるメラニン色素が紫外線に反応しやすくなり、シミが濃くなる可能性があります。

肌が乾燥する

妊娠中には大量に分泌されていた女性ホルモン、エストロゲンが産後になると急激に減少します。エストロゲンは肌の表面での保湿を担い、ハリやツヤを維持するためのエラスチンやコラーゲンの生産にも大きく関係します。このエストロゲンが大幅に減少してしまうために、産後の肌は乾燥しやすくなってしまうのです。

肌荒れが多くなる

出産後の体内では、先ほどお話したエストロゲンの分泌低下と同時にプロゲステロンが優勢な状態になります。プロゲステロンは「美肌ホルモン」と呼ばれるエストロゲンとは反対に、肌の状態を不安定にさせてしまいます。そのため、肌荒れ自体になりやすくなってしまうのです。さらに、お母さんは夜間に頻回の授乳やおむつ替えなどもあり、育児のためにどうしても睡眠不足の日々が続きがちになります。そういった生活リズムの変化も肌荒れの原因となるでしょう。

バリア機能の低下

健康な肌にはバリア機能が備わっています。肌表面で皮脂の膜が外部からの刺激を弱めて肌を保護し、水分をキープして肌のうるおいを保っているのです。しかし、産後では、このバリア機能が低下している状態になりますので、皮脂膜が不安定になり、外部の刺激に敏感な肌となります。そのため、シミや乾燥、肌荒れなどのトラブルが増えがちになってしまうのです。このように、産後に起こる肌のトラブルの主な要因は、ホルモンバランスの変化とそれにともなうバリア機能が低下することによって起こっていると言えます。

おすすめ化粧水の成分

産後の肌は刺激に弱く、敏感になっています。ですから、肌への刺激が少ない成分を配合した化粧水を使用するように気をつけるようにしましょう。また、産後の肌は通常のときよりも次のような成分を求めていますので、こういった成分表示がされている化粧水を選ぶとよいでしょう。

セラミド

セラミドは肌の表面である角質層で水分を蓄える働きがあります。それによって外部からの刺激を弱める働きも期待できます。

プラセンタ

メラニンの生成を抑える働きと保湿効果を期待できます。また、代謝を高める効果もありますので肌のターンオーバーを促進する働きも見込めます。

コウジ酸

コウジ酸にはメラニンを生成する酵素の働きを抑える効果があるとされています。また、活性酸素に対する働きかけもありますので肌のシミを予防する効果に期待が持てます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は人の体にもとより存在する成分なので、刺激が少ないという特徴があります。保水力が高く、肌の弾力とうるおいを保つ効果が期待できます。

コラーゲン

産後の肌に不足しがちな成分です。肌のハリや弾力を保つ効果が見込めます。化粧水に含まれているコラーゲンは水溶性コラーゲンということもあり、水分をキープしてくれる働きにも期待できます。

アミノ酸

アミノ酸は天然保湿因子の1つです。肌の水分をキープしてうるおいを与えてくれる効果に期待が持てます。

最低限でも保湿はする

産後は育児や家事に忙殺されるような日々が続き、肌の手入れをする時間を作り出すのも難しいかもしれません。しかし、産後の肌は体の変化と生活の変化にともなってデリケートで敏感な状態となっています。美肌ホルモンであるエストロゲンも急激に減少することから、産後こそスキンケアが重要な時期だといえます。忙しいなか、スキンケアの時間が取れないという場合でも、保湿だけは行うようにしましょう。ヒアルロン酸やセラミドなどの産後の肌に有用な成分を含む、保湿力が高くかつ刺激が少ない化粧水が特に適しています。また、保湿はプロゲステロンの影響で濃くなってしまったシミに対しても、有効とされています。

忙しい日々のなかでも保湿だけは手軽に行える化粧品を用意しておくことが理想的です。化粧水と乳液、美容液の効果が含まれているオールインワン化粧品などの使用も視野に入れると、毎日のスキンケアの時間を短縮できるかもしれません。肌の状態は産後で変化しています。そのため、以前は問題なく使えていた化粧品も、産後の肌に合わなくなっているかもしれません。新しい化粧品に挑戦してみる場合にはサンプルを二の腕の内側などの目立たない部分でパッチテストを行い、肌に異常がないかをよく確認してから使用するようにしましょう。

「産後のスキンケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play