スキンケア
2017年04月24日更新 2016年12月09日公開

妊娠中の肌の変化とその原因について

妊娠することで妊婦の肌にはさまざまな肌の変化が見られます。妊娠するまでは見られなかった症状が主ですが、ここでは、そのさまざまな肌の変化の症状と原因について、ドクター監修の記事で解説します。

妊娠は多くの女性にとって大きな喜びです。特に初めての妊娠の際は、その喜びもひとしおですが、妊娠中の肌の変化に不安になることもあるといわれます。妊娠中の肌の変化には、どのようなものがあるのでしょうか。

妊娠中の肌の変化と原因

妊娠することで、さまざまな肌の変化を感じることがあります。どういった肌の変化が見られるのでしょうか。

肌荒れ

肌がカサカサしたり、ニキビ、吹き出物が出たりすることがあります。これは、妊娠することによるホルモンバランスの乱れによるものや、精神的不安定によるもの、つわりで食事が偏ってしまう事などが原因と考えられています。妊娠することで、プロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)といわれる女性ホルモンが多く分泌されます。このことで、体にさまざまな変化がおきやすくなります。男性ホルモンの低下によって、皮脂の分泌が減少し、肌のカサカサしやすくなるといわれています。さらに、ホルモンバランスの変化によって、便秘になることもあり、むくみなどを引き起こす事もあります。

かゆみ、湿疹

妊娠中すると、汗をかきやすい傾向にあるため、かゆみや湿疹が出やすくなります。一方で、妊娠中の肌は乾燥しやすいので、その乾燥がかゆみを増加させてしまうことがあります。特に妊娠中期から後期に、全身にわたって強いかゆみがある場合は、「妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)」の疑いがあります。

●妊娠性皮膚掻痒症とは

全身にわたって、強いかゆみがあります。かゆみが出る場所は決まってなく、腕、背中などさまざまな場所にかゆみをともないます。ムズムズ、チクチクといったかゆみが特徴です。皮膚の表面には発疹などは見られず、特に病変はないといわれています。

●妊娠性皮膚掻痒症の原因

妊娠することによる環境変化や、皮膚の乾燥が原因と考えられています。妊娠中はホルモンのバランスが乱れやすく、特に女性ホルモンの分泌が増加し、男性ホルモンが低下するため、肌が乾燥しやすい状態になっています。また、肝疾患や慢性腎不全、糖尿病など、特定の病気が原因となっている場合もあります。

●妊娠性皮膚掻痒症の対策

肌の乾燥の対策をすることが重要です。乾燥しやすい冬は、部屋を加湿し、十分な湿度を保つようにしましょう。妊娠性皮膚掻痒症は強いかゆみをともないますが、掻きすぎることで悪化し、余計にかゆみが増加することがあるので、注意が必要です。かゆみが我慢できないほどであれば、医師に相談し、かゆみ止めを処方してもらうことも可能です。我慢しすぎずに、医師に相談することも大切です。

シミ、黒ずみ

妊娠することによって、シミが出る場合もありあす。妊娠し、増加した女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンが、メラニン色素を生成する色素細胞を刺激するためといわれています。妊娠して女性ホルモンが増えると、メラニン色素が増え色素沈着が発生しやすくなることで、シミになりやすくなるといわれています。同様に、妊娠することでメラノサイトが活性するため、メラニン色素沈着が体に起こることもあります。わきの下や外陰部などが黒ずんでしまう妊婦さんも多く見られます。乳房に起これば、乳首が黒ずんでしまいます。「正中線」という、腹部の真ん中に上下にでる黒い線も、色素沈着によって発生するものです。

黒ずみの予防と対策

上記のような黒ずみの原因は、妊娠することによるホルモンの変化によるものですので、完全な予防方法はありません。シミや黒ずみの発生は個人差があり、症状はさまざまです。いずれの場合も、出産後ホルモンの分泌が物と状態の戻ることで、色素沈着も改善し、黒ずみも徐々に消えていきます。どうしても症状が改善されない場合は、授乳期間後美容皮膚科へ相談しましょう。ケア方法としては、肌が乾燥しやすくなっていることが原因ですので、UVケアと保湿を行うことが大切です。妊娠中は肌のトラブルがあったとしても、原則、薬を服用することはできません。そのため、日頃からのスキンケアが重要となります。

避けるべき成分

日頃からのスキンケアは大切ですが、スキンケア用品によっては胎児や乳児に悪影響を及ぼす可能性のものがあります。以下に、その可能性があるものを紹介します。

●アキュテイン…ニキビ治療薬

●トレチノイン… ニキビ、シワ、シミに効果のみられるビタミンA誘導体

●トルエン…マニキュアに含有

●ハイドロキノン…メラニン色素の生成を抑制する漂白剤

●パラベン…防腐剤として、色々なスキンケア用品に含まれている

●サリチル酸…化粧品、ピーリング剤などに含有

妊娠することでさまざまな肌の変化があります。適切な予防、対処をおこない、胎児に影響のない対策を行うようにしてください。

「スキンケア」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play