妊娠線
2017年04月24日更新 2016年12月09日公開

妊娠線の基本知識およびクリームなどの利用方法

妊娠線は、多くの妊婦さんを悩ませるトラブルです。10か月にも及ぶ妊娠期間中では、精神面での健康管理は重要です。ドクター監修のもとに妊娠線の正しい知識やクリームなどの適切な使い方を解説します。

多くの妊婦さんにとって妊娠・出産期のケアは心身ともに大きな関心事であり、重要項目です。中でも、妊娠線は多くの妊婦さんの頭を悩ませるトラブルの1つです。

妊娠線とは

妊娠線とは、妊婦さんのお腹にできるひび割れのような細い線のことです。しかし、実は妊娠線は妊婦さんにだけ出現するものではありません。太った男性に出現することもあり、お腹だけに現れるとも限りません。腹部に現れることが多いのですが、太ももの裏やおしりなど見えない場所に現れることもあります。特に妊婦さんの皮膚にできることが多いため妊娠線と呼ばれることが多いですが、いわゆる肉割れのことと考えればよいでしょう。

妊娠線が出現する仕組み

妊娠線の出現当初は、血管より細く赤紫の鉛筆で描いたような線に見えます。これは毛細血管が透けて見えている証拠です。人間の皮膚は目に見えている表皮と表皮の下にある真皮や皮下組織でできています。一番上にありにある表皮はある程度伸びますがますが、表皮の下にある真皮と皮下組織はほとんど伸びません。そのような性質を持つ皮膚は、急激な体重増加や妊娠による腹部の増大による皮膚組織の引っ張り合いに耐えきれず、亀裂を起こしてしまいます。亀裂が起きる部位と妊娠線の形には個人差があり、メロンの網目のようなものもあればスイカの縞模様、稲妻模様などさまざまです。この亀裂したところから毛細血管が透けて、赤紫色に見える線状班となります。この赤紫の線状班が定着してくると徐々に赤紫色は薄れていきます。

妊娠線が出現する2つの理由

妊娠線の出現する原因の一つは、妊娠線が出現する仕組みでも触れたように、妊娠期間中の体重の増加にともない、お腹はもちろんも胸やお尻の皮膚は急激な伸びを強いられます。その結果、表皮の下の真皮内にあるコラーゲンや皮下組織の一部、弾性線維には亀裂が生じてしまうのです。二つ目の理由は、ホルモンの影響があげられます。もともと、ステロイドホルモンには肌のターンオーバー(新陳代謝)を抑制する働きがあります。妊娠中は、このステロイドホルモンの分泌が盛んになるため肌のターンオーバー(新陳代謝)のサイクルが乱れやすくなり、コラーゲンの生成も抑制されてしまいます。ターンオーバー(新陳代謝)のサイクルが遅くなると肌は硬くなり弾力を失います。その結果、亀裂も起きやすくなるというわけです。反対に言えば、妊娠線が現れたということは、肌の弾力がなくなり再生能力も衰えていると考えられます。

妊娠線を回避するためにすべきこと

妊娠線がもともと出やすい人と出にくい人がいるのですが、どちらの場合も、体重の急激な増加を避けることと保湿は重要課題です。前述したように、体重の急激な増加は妊娠線を出現させる原因の一つですし、保湿は乱れたターンオーバー(新陳代謝)サイクルで弾力もなく硬くなった肌を柔らかくする効果が望めます。ですから、お腹が目立ってからクリームでと考えるより、妊娠線の予防対策は妊娠・出産期のケアの一環と捉えたほうが相応しいでしょう。

妊娠期間中の適切なクリームなどの利用方法

妊娠線がもともと出やすい人と出にくい人がいるのですが、どちらの場合も、体重の急激な増加を避けることと保湿は重要課題です。体重の急激な増加は妊娠線を出現させる原因の1つであり、保湿は乱れたターンオーバー(新陳代謝)サイクルで硬くなった肌を柔らかくする効果が望めます。妊娠線の予防対策は妊娠線ができてからではなく、少しでも早い方がよいといえるでしょう。

クリームを効果的に塗るタイミング

妊娠線の出現には個人差があるのですが、もともと皮膚面積の狭い小柄な方が妊娠後、お腹が張り出したときや、多胎妊娠(双子など)の場合に現れやすいといわれています。臨月間近の体重は急激な増加を見せるときがあり、この時期にも注意が必要でしょう。肌を乾燥させると肌が硬くなり、妊娠線の出現を助長させてしまいますので、冬場にはクリームを塗る量や回数を調節するなど、肌にうるおいのある環境を心がけることも大切です。また、タイミング的にはお風呂上りでのクリーム使用がより保湿には望ましいとされています。

「妊娠線」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play