妊娠線
2017年04月20日更新 2016年12月09日公開

妊娠線を解消するレーザー治療とそのメカニズムについて

妊娠中にできてしまった妊娠線をいやだなと思いつつも、あきらめているかたは多いことでしょう。そこで、気になる妊娠線の発生メカニズムと、クリニックでのレーザー治療についてドクター監修の記事でお届けします。

妊娠中のとくにお腹が大きくなる妊娠後半に、お腹やお尻などにできてしまう妊娠線ですが、産後も気にしている方は多いようです。ここでは、、妊娠線の治療法として効果が期待できるレーザー治療について見てみましょう。

なぜ妊娠線ができてしまうのか

体重の増加

妊娠線は、妊娠約5か月頃、お腹が大きくなり始めるとできることが多く、妊婦の約半数に現れるといわれています。妊娠中の妊婦は体重が増加し、お腹はもちろん、お尻や胸も大きくなります。そのような状況で、皮膚の表皮は大きくなった部位の伸びについていくことができますが、一方で、表皮の内側にある真皮や皮下組織、弾性線維は伸びについていくことができずに裂けてしまいます。そのため、肌の表面に赤紫色のギザギザの線が現れることがありますが、これを妊娠線といいます。

ホルモンの変化

妊娠すると、肌の弾力性を低下させるコルチコステロイドというホルモンの分泌量が増加します。そのため、周期的に生まれ変わる肌の新陳代謝(ターンオーバー)の機能が抑制されて肌の弾力が低下してしまい、体重の増加による皮下組織や弾性線維の断裂が発生しやすくなるといわれています。

レーザーによる妊娠線の治療

できてしまった妊娠線は完全には消すことができないといわれてます。しかし、状態を少しでも改善する手段として、専門クリニックでの治療という選択肢があります。ここでは、専門クリニックでのレーザー治療について解説します。

レーザーを治療に使用する理由

専用の装置により発生させたレーザー光は、照射された部分の皮膚組織の一部を破壊し、肌の再生を促進させるといわれています。この特性を活かし、妊娠線ができた部分にレーザー光を照射することで肌の状態を改善し、線の色をできるだけ薄くすることをめざすという治療方法です。ただし、レーザー治療でも完全に線が消えるというわけではなく、治療による効果にも個人差があり、なかなか妊娠線が薄くならない場合もあります。

レーザー治療の種類

  • フラクショナルレーザー

この治療法は、まずレーザー光線を、小さな点状に細かく肌に照射し、目に見えないぐらいの無数の傷を作ります。そして、傷を皮膚自身が修復しようとする働きによって肌の再生を促進し、妊娠線を目立たなくさせるという方法です。従来のレーザー治療だと照射された皮膚全体が傷つき、痛みも照射された範囲全体に広がっていました。一方、フラクショナルレーザー治療では、レーザー照射した部分に傷がついていない皮膚が残っているため、施術による痛みはその分だけ多少緩和され肌が回復する時間も他のレーザー治療に比べ短縮できるとされており、この点がこの治療法のメリットの一つです。

ただし、痛みが全くともなわないわけではく施術中にはチクチクした痛みや、施術後にはヒリヒリするような痛みを感じることもあり、皮膚が赤くなったりする場合もあるためご注意ください。

  • ヤグレーザー

皮膚の深い部分にまでレーザー光が届くというのがヤグレーザーの特徴です。ヤグレーザーの照射によって、皮下組織のコラーゲンが増加し肌の再生が促進されます。また、ヤグレーザーには肌表面の角質を除去し肌の新陳代謝を促進させる効果も期待されており、これらの働きにより妊娠線が薄くなることを目指します。

レーザー治療を受ける際に注意すること

  • 治療の費用や期間はさまざま

クリニックでのレーザー治療は、一度の通院で終わるものではなく、間隔をあけて複数回通院する必要があります。また、保険の適用外なので治療に要する費用については各クリニックによりさまざまです。妊娠線の状態も個人差があり、治療にかかる時間も異なります。複数のクリニックに対して治療に要する期間や費用を確認するなど、治療を受ける前には慎重に検討したほうがよいでしょう。

  • レーザー治療を受けるべきでない時期

一般的に、妊娠中および出産直後、授乳中はレーザー治療を避けるべきだといわれています。あてはまる場合は、事前にクリニックに相談しましょう。

妊娠線ができないようにする方法

クリニックでの治療には費用も時間もかかり、どの方法も完全に妊娠線が消えるわけではありません。妊娠線ができないのがもっとも望ましいことなので、その予防方法をご紹介します。

体重コントロール

急激な体重の増加によって妊娠線が現れやすくなるので、ドクターの指導を受け体重をコントロールするようにします。

保湿で肌を柔らかくする

妊娠線は柔らかい肌にはできにくく、弾力性の低下した肌をサポートする必要があります。そのため、保湿効果のあるクリームや美容液、オイルなどで肌を柔らかく保つことをおすすめします。お腹の下のほうなど自分では見えないような部分も忘れずに保湿ケアをするようにしましょう。

「妊娠線」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play