妊娠検査薬
2017年04月19日更新 2017年04月20日公開

フライングでもすぐ知りたい!早期妊娠検査薬はいつから使える?

妊娠しているか自分で調べられる妊娠検査薬では使用時期前のフライング検査が行われることもあります。そこで、通常より早期に使用可能な早期妊娠検査薬とその詳細について、ドクター監修の記事にて解説します。

妊娠が疑われる場合、自分で簡単に調べられる方法として妊娠検査薬があります。早く結果を知りたいと気がはやるあまり、フライング検査が行われることも多いとされます。通常のものより早期に検査が可能なものとして、「早期妊娠検査薬」というものがあります。ここでは早期妊娠検査薬について、どのくらい早く使用可能なのか、陽性反応が出たら確実に妊娠と言えるのかなどを重点的に解説します。

早期妊娠検査薬とは

妊娠検査薬の使用可能時期は、通常、次回の生理予定日から1週間後以降とされています。生理不順などで予定日が判断しにくい人は、セックスした日から3週間後がひとつの目安とされます。

それよりも早い時期から使用可能なものが早期妊娠検査薬です。使用可能となる時期は、通常の検査薬よりも1週間早く、次回の生理予定日以降であれば検査が可能です。フライング検査を行うと正確な結果が得られず、着床しているのに陰性となることもあるため、早く結果を知りたいという場合には、通常の検査薬をフライングして使用するよりは、使用時期を守って早期妊娠検査薬を使う方が確実でしょう。

一般的な妊娠検査薬のメカニズム

卵子が受精して卵管を通過し、子宮内に着床するとhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が分泌され始めます。hCGは徐々に分泌量を増していき、着床後3、4日で尿から検出されるようになるとされます。妊娠検査薬は、尿に含まれるhCG濃度を測定することによって妊娠の有無を判定するものです。通常の妊娠検査薬はhCGの尿中濃度が50mIU/mL以上で陽性反応となるのに対し、早期妊娠検査薬ではhCGの尿中濃度が25mIU/mL以上で陽性を示すことから、分泌量が少ない早期の段階でも検査が可能です。

早期妊娠検査薬の正しい使用法

妊娠検査薬は、尿を用いて検査するものです。早期妊娠検査薬も同様の使い方で検査を行いますが、説明書に書かれている方法に従って正しく行うことで、より正確な検査結果が得られるといえます。

検査薬の使い方

検査薬のキャップを外すと、スティック状になった採尿部分があります。ここへ十分な量の尿を直接かけるか、コップにとった尿を浸します。そして、キャップを元に戻し、水平な場所に置いてしばらく待ちます。尿を浸す時間や反応を待つ時間については、説明書に目安が書かれており、よく読んで使用しましょう。

判定の見方

反応が終わると、まず、正しく検査が行われたことを示す赤線が枠内に1本現れます。これは、検査薬に不備がないことを示しています。そして、検査結果が陽性判定の場合は、検査結果を示す枠内に赤い線が現れます。陰性の場合は特になにも現れません。陽性の反応が出るのはhCGが尿中に一定量以上あるということですから、妊娠の可能性を示しています。婦人科を受診して、診断を受ける必要があるといえます。

また、検査薬の結果が陰性であっても妊娠の可能性が全くないとは言い切れません。hCGの分泌量は人によって増加する速さが異なりますから、着床してはいるものの検査時に十分な量でなかったという場合もあります。水分をたくさん摂取した後では、尿が薄くなってhCG濃度が低くなり陰性となることもあり得ます。心配な場合は病院で診てもらうことが確実でしょう。

正常妊娠でない場合でも陽性反応が出る?

正常な妊娠以外の理由で妊娠検査薬が陽性となる場合があります。

流産

妊娠してはいたものの、なんらかの理由によって妊娠を継続できなくなった状態のことを流産といいます。妊娠反応を示しますが、体内に残った胎盤などからhCGの反応が出るため、検査薬で陽性判定となります。胎盤などは自然に排出されることもありますが、手術による除去が必要な場合もあります。

胞状奇胎

胎盤の絨毛組織が部分的に粒状になって増殖することをいいます。異常妊娠のひとつとされ、胎児が成長することはないため、手術によって除去が必要となります。

子宮外妊娠

正常では、受精卵は子宮に着床しますが、卵管や卵巣など子宮ではない部位に着床した状態をいいます。妊娠初期では特に症状がないため気づかない場合もありますが、胎児の成長とともに組織に負荷がかかり激しい痛みが現れる可能性があります。卵管などに着床していると、組織の破裂や大出血につながるおそれもあります。

これらの他にも、hCGの投薬を受けている人や重度の糖尿の人も陽性反応が出ることがあります。

陽性反応が出たら、すみやかに病院へ

妊娠検査薬で陽性反応が出た場合には、妊娠あるいは処置が必要なこともある婦人科疾患の可能性があります。また、正常な妊娠かどうかは病院で超音波検査を受け、心臓の動いている胎児の姿を確認することで診断されるため、確認のためにも受診が欠かせません。

もし、対処が必要な疾患であれば、早期に発見するためにも、病院で診てもらうことが求められます。検査薬で陽性反応が見られたら、症状がなくても放置せずすぐに受診することが望ましいでしょう

「妊娠検査薬」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play