めまいの治療
2017年04月24日更新 2017年03月31日公開

メニエール病の治療方法、治療薬や生活改善

メニエール病とは、内リンパに関するトラブルです。さまざまな原因によって発症し、めまいや耳鳴りなどの症状があらわれます。ここではメニエール病に関して、具体的な原因や治療、予防の方法などを、ドクター監修の記事で解説します。

メニエール病は若い女性がめまいを起こす病気というイメージが強いかもしれませんが、老若男女すべての人が発症する可能性のある病気です。今回の記事ではメニエール病に関して、具体的な症状だけでなく、発症する原因や治療、予防の方法なども解説します。

メニエール病とは

メニエール病とは、耳で起こるトラブルによって、めまいや吐き気などのトラブルを繰り返す病気です。

内リンパ液が過剰になると発症する

耳の奥に内耳(ないじ)と呼ばれる部分があり、ここには内リンパという液体が存在しています。この内リンパ液の吸収や分泌がうまくおこなわれず、過度に内リンパ液が溜まると、メニエール病を発症すると考えられています。内リンパ液の吸収分泌にトラブルが起こる理由に関しては、まだはっきりとしたことはわかっていません。しかし、睡眠不足やストレスなどと関係があると考えられています。

具体的な症状

メニエール病には以下のような症状があり、どれかひとつだけがあらわれる場合も、複数の症状が出る場合もあります。次に紹介する2つ以外にも、吐き気や嘔吐などもよく見られる症状です。これらの症状が不定期に繰り返しあらわれ、時間が経つに連れて進行してきます。

●強いめまい

めまいにはいくつか種類がありますが、メニエール病で起こるのはグルグルと目が回りそうになるようなめまいです。人によっては立っていることはもちろん、座っていることも難しいほどの強いめまいを感じます。一般的なめまいの場合、その時間は数秒から数10分程度ですが、メニエール病の場合は10分から数時間、長い場合は1日以上続くこともあります。

●難聴や耳の閉塞感

メニエール病で起こる聴覚のトラブルは、低音域が聞き取りにくくなる低音障害から始まります。メニエール病が進行することで難聴の度合いも増していき、高音域や反対側の耳にも聞き取りにくさを感じるようになります。また、耳鳴りがしたり、耳に圧迫感を感じたりすることもあります。

30代から40代の女性に多い

メニエール病は、30代、40代の女性に多く、職種別の割合では主婦が最多(22%)というデータもあります。しかし、男性やその他の年齢の女性が患うことも珍しくなく、老若男女すべての人に発症の可能性があります。

メニエール病の診断方法

メニエール病はいくつかの検査方法によって診断されます。めまいをともなう病気には他にも聴神経腫瘍、突発性難聴や内耳梅毒などがあるため、複数の検査によって何が原因でめまいが起きているのかを調べる必要があります。

●聴力検査

内耳性難聴かどうかをチェックします

●平衡機能検査

前庭機能に異常がないかを確認する検査です

●フロセミド試験

フロセミドとは利尿剤の一種です。これを注射し、その後の反応から半規管にトラブルがないかを調べます。

命の危険性はないとされる

メニエール病は、患者の生死に大きく関わる病気ではないと考えられています。しかし、発症をくり返すことで難聴が進行することや、症状が重くなる可能性はあります。

メニエール病の治療

メニエール病の治療にはいくつかのアプローチ方法があります。

飲み薬

症状によってめまいをおさえる薬や抗不安剤、ビタミン剤などが処方されます。

点滴

症状が重くなると吐き気が強くなり、薬を飲めなくなる場合があります。そのときは、病院でめまい止めの点滴を打つことで治療を行います。

手術が必要な場合も

めまいの症状が極端に重い場合や、あまりにも頻繁に起こる場合は手術による治療が行われる場合があります。

生活習慣の改善について

メニエール病の根本的な原因はまだ解明されていませんが、ストレスや睡眠不足などと関係があると考えられています。そのため、生活習慣を改善することでも、メニエール病の治療や予防に有効とされています。具体的に普段の生活のどこを変えればよいのか解説します。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠時間を確保することで、心身の疲れを回復することができます。何時間眠れば大丈夫というわけではなく、時間帯も大切です。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に目覚めることによって、より効率的に休息がとれると考えられています。

ストレスの原因を取り除く

日々の生活において、大きなストレスの原因となっているのは何なのかを再確認し、具体的な対策を講じることが大切です。健康を維持するためには、生活環境を変えることが必要になる場合もあります。また、どうしても避けられない要素がある場合は、趣味や運動などで、そのストレスを解消できる方法を用意しておくことも効果的です。

「めまいの治療」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play