逆流性食道炎の基礎知識
2017年04月24日更新 2017年03月31日公開

逆流性食道炎が原因の口臭とは

逆流性食道炎が原因の口臭は、口内環境を整えても改善されないことがあります。逆流性食道炎にともなう症状と原因を理解し、適切な対策をとることが大切になります。逆流性食道炎と口臭について、ドクター監修の記事でお届けします。

歯磨きでもうがいでもとれない口臭は、仕事にも影響を与えかねません。逆流性食道炎が原因で起こる口臭の場合は、どのような対策があるのかについて解説します。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、胃液などが逆流することによってひきおこる食道の炎症をさします。胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)、GERDとも呼ばれます。本来、胃の中で食べた物を消化するためにある胃液には、pH

1.0から1.5と非常に強い酸性の消化液である胃液が含まれています。この胃酸のおかげで胃の中は常に一定以上の酸性に保たれ、食べた物を消化したり、食べ物と一緒に胎内に取り込まれてしまったさまざまな菌を殺菌したりします。

そして、pH7.0の中性に保たれている食道に、この胃液が逆流してしまうと強い酸性によって食道の粘膜が炎症を起こしてしまいます。これが逆流性食道炎になります。食生活の多様化や肥満、強いストレス、高齢など、さまざまな原因があり、ここ最近、日本人で逆流性食道炎になってしまう人が増えています。

逆流性食道炎の症状とは

逆流性食道炎の症状でもっとも多いのが「胸やけ」です。胸やけにもさまざまな症状があり、みぞおちあたりから胸の下方向にかけて熱くなるような不快感や焼けつくような感じ、痛みをともなう場合やのど元まで競り上がってくる感じがすることがあります。また、口の中にまですっぱい液がこみあげてくるげっぷや、苦み、胸の痛み、胃もたれ、のどの違和感や、痛み、声のかすれ、口臭、などがあります。

逆流性食道炎で口臭がする理由とは

逆流性食道炎になると、胃の中にあるはずの酸性の胃酸を含んだ胃液が、食道を逆流し、口の中にまで上がってきてしまうことがあります。逆流性食道炎が進行してしまうと、この口の中まで上がってきたすっぱい胃酸の匂いが、口臭としてほかに人にも気づかれてしまうことがあります。

食道の一番した、胃の入口にある噴門(ふんもん)には下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)とよばれる筋肉があります。通常、この下部食道括約筋は閉じており、食べ物飲み物などが食道に入ると開き、胃液や、胃に入った食べ物飲み物が食道へ逆流しないように弁の働きをしています。しかし、さまざまな原因でこの弁の働きが悪くなって緩くなってしまったりすると、胃から食道へと逆流してしまい、胃酸を含んだ胃液も上がってきてしまいます。すると、すっぱい胃酸の匂いがする口臭がしてしまいます。

逆流性食道炎が起こる原因とは

逆流性食道炎が起こる原因はいくつか考えられます。

食道裂孔ヘルニア

胸部分とお腹部分を仕切っている横隔膜(おうかくまく)には、食道裂孔(しょくどうれっこう)と呼ばれる食道が通る通り道があります。横隔膜を挟んで、胸の方には食道があり、お腹の方には胃があるのが通常の状態です。しかし、この横隔膜に隙間ができてしまい、お腹側にあるはずの胃が、横隔膜の上、胸の方にでてしまうことを「食道裂孔ヘルニア」とよびます。この状態になると、食道裂孔の締め付けが弱くなってしまい、胃の中にあったものが逆流して食道の方に行きやすくなってしまいます。

下部食道括約筋のゆるみ

年齢を重ねると、下部食道括約筋がゆるみ、胃の中の物が逆流しやすくなります。この下部食道括約筋のゆるみは、逆流性食道炎の原因として多いもののひとつになります。

体型の変化による胃内圧の上昇

妊娠によってお腹周りが大きくなり、胃が上に押し上げられたり、太ったことでお腹周りに脂肪がつきすぎたり、姿勢が悪く前かがみの姿勢でいたりすると、胃にも負担がかかり、食べた物が押し上げられて逆流してしまうことがあります。

食べ過ぎ

食べすぎが原因で食べた物が食道へと逆流しやすくなることがあります。この逆流が繰り返し行われることで、食道内に逆流した食べ物が長時間留まり、逆流した食べ物に混ざっている胃酸や消化酵素で食道が傷つき、炎症を引き起こすこととなります。

逆流性食道炎が原因の口臭の対策

逆流性食道炎による口臭は、歯磨きやうがいではとることができません。消化器の専門家による適切な治療が必要になります。原因によっては、食生活や生活習慣の改善で、症状が緩和されることがあります。

症状改善に効果が期待できる生活習慣の改善

●姿勢に気をつける

胃の入口を上にして、胃に入った物が食道に逆流しないように姿勢を正すことが大切です。猫背にならないよう、背筋をのばし、寝るときには枕を高くしてやると食道への逆流を抑えることが期待できます。また、横向きで寝るときは、枕を高くした状態で、身体の右側が下になるように横向きになるとよいでしょう。

●食べ物飲み物に気をつける

脂肪分の多い揚げ物やお菓子などは、逆流性食道炎の症状のひとつでもある胸焼けを起こしやすくなります。しかし、どの食べ物で胸焼けが起こるかは個人差も大きく、自分が胸焼けを起こしやすい食べ物を知り、なるべく避けることも大切です。また、アルコールは胃の入口にある噴門の働きをゆるくするといわており、炭酸飲料は、胃の中でふくらむので、逆流しやすい状況をつくりやすくなります。

●身体を締めつけすぎない

ベルトやボディスーツで身体を締めつけすぎると、食べたり飲んだりしたときに、締め付けによって胃は前に膨らむことができません。そのため、上向きに圧迫されることとなり押し上げられた横隔膜が伸びて食道裂孔が広がりやすくなり、逆流しやすくなります。ベルトやボディスーツ、きつめの洋服などで身体を締めつけすぎないように気をつけましょう。

「逆流性食道炎の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play