逆流性食道炎の治療
2017年04月24日更新 2017年03月31日公開

逆流性食道炎を引き起こす食事

胃酸を含んだ胃液が食道へと逆流して、食道に炎症を起こしてしまう逆流性食道炎。原因のひとつに、多様化した食生活があるといわれています。逆流性食道炎と食事の関係を、ドクター監修の記事でお届けします。

胃の中の物が逆流し、食道に炎症を起こしてしまう逆流性食道炎。日々の食事のとりかたや食事内容を見直すだけで、逆流性食道炎の症状の緩和が期待できるようです。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、胃の中のものが食道に逆流し、食道が炎症を起こしてしまう病気です。

通常、口から食べたり飲んだりした物は、食道を通り胃へと送り込まれます。嘔吐(おうど)などでもしない限り、口から食道、そして、胃へと、この流れは一方通行になっています。そして、食道の一番下と胃の入口の間にある噴門(ふんもん)には、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)といわれる筋肉があり、食道と胃を区切っています。食道に食べ物や飲み物が入ると、この下部食道括約筋がゆるんで、胃へと食べ物や飲み物を送り込むシステムとなっています。

胃の中には胃液があり、その胃液の中には、pH1.0から1.5ととても強い酸性の消化液である胃酸が含まれています。この胃酸によって胃の中は、いつも一定以上の酸性に保たれます。そして、胃に入ってきた物を消化したり、一緒に取り込んでしまったさまざまな菌を殺菌したりしています。胃には、胃酸による強い酸から胃自身を守るための防御機能があるため、通常の状態ならば、胃が胃酸によって溶けてしまったり、炎症を起こしてしまったりすることがありません。しかし、食道には胃のような防御機能がなく、さらに、酸性の胃の中と違い、pH7.0の中性に保たれています。そのため、胃液が食道へと逆流してしまうと、その強い酸によって、食道が炎症を起こしてしまうのです。

食道が炎症を起こすことで、胸焼けや胸の痛み、口臭、鈍酸(どんさん)、のどの違和感、咳などのさまざまな症状がひきおこされてしまいます。

逆流性食道炎の原因は欧米化した食生活

逆流性食道炎の原因にはさまざまなものがありますが、そのひとつに多様化した食生活があります。脂肪分の少ない昔ながらの日本食だけでなく、近年は、ヨーロッパやアメリカなどのさまざまな食文化が日本でも定着し、高脂質、高タンパク質の食事が増えてきました。この多様化、欧米化した食生活も逆流性食道炎を引き起こす原因のひとつになっているといわれています。

脂質が豊富に含まれている食べ物や飲み物は、逆流性食道炎の原因になりかねません。脂肪分を消化してくれる消化管ホルモンのコレストキニンは、高脂質の食べ物や飲み物を摂取したときに、非常に多く分泌される消化酵素です。しかし、このコレストキニンには、食道と胃の間にある括約筋の働きをも緩めてしまうという作用をするのです。括約筋の働きが弱まれば、胃の中にあるものが食道へと逆流しやすくなってしまいます。

また、タンパク質や炭水化物が多い物も逆流性食道炎の原因のひとつといわれています。タンパク質と炭水化物を同時に大量に摂取してしまうと、ガスを作る原因となり、また、タンパク質を分解するために大量の消化酵素が必要となります、そのために必然的に胃液の量が増えてしまうことになります。

そして、コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェインも大きな影響を与えます。カフェインが多く含まれている飲み物を大量に飲むと、胃酸が大量に分泌され、胃酸過多となりやすくなります。胃酸過多は逆流性食道炎にもつながりやすく、と期には、大量に分泌されすぎた胃酸によって胃の内部を溶かしてしまい、胃が痛くなることもあります。

その他にもこのような食生活には注意

逆流性食道炎のつらい症状は、日頃の生活を改善するだけで緩和されることもあります。

胸焼けしやすい食べ物は避ける

脂質が多い食べ物だけでなく、チョコレートやケーキなどの甘い物、柑橘類、香辛料、タバコなども胃酸の分泌を多くしたり、胃の中に食べ物が留まる時間が長かったりするため、食道への逆流を起こしやすいといわれています。

食後すぐに横にならない

食べてすぐに横になると、胃液が逆流しやすくなります。逆流をさけるためにも食後1〜2時間は横にならないように気をつけましょう。また、就寝時になっても胸焼けが強く不快な場合は、布団の下に、クッションなどをいれて、上体を少しだけ起こした状態にすると、頭が身体より10〜20cmほど高くなるので、逆流をふせぐ効果も期待できます。また、就寝時の胸焼けをさけるためにも、寝る直前の食事は避けて、夕食の量も少なめにするなど心がけましょう。

腹圧をあげない

重い物をもったり、ベルトや洋服で身体を締めつけたりすると、腹圧が上がりやすくなります。また、前屈みの体勢はなるべく避け、排便時にも力みすぎないように注意しましょう。腹圧が上がると、胃液が逆流しやすくなります。

食べ方に気をつける

競うように早食いしたり、必要以上に食べたりするのは避けましょう。食べすぎは、胃酸の分泌を多くうながしたり、胃の中の圧をあげたりする原因になります。特に、夕食は、あっさりと身体に負担のかからないものをゆっくりと適度な量だけ食べるようにしましょう。

「逆流性食道炎の治療」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play